スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

代謝アップで脂肪燃焼!

脂肪燃焼には代謝をアップさせるのがいいという。
けど、「代謝」ってどんなものかよくわからないので調べてみた。

代謝は、「同化作用」と「異化作用」という2種類にわかれるらしい。

「同化作用」とは、筋肉や骨、血液などのカラダの組織を作ったり、修復したりするために必要な物質を化学変化させることだそう。
簡単に言いかえると、食べ物からカラダを作るってことみたい。

「異化作用」は、体温の保持や身体活動のためのエネルギーとして使うことらしい。
異化作用はさらに次の3種類にわかれる。
 1.基礎代謝……生命を維持するために必要が基本的な身体活動
 2.活動時代謝…日常活動や運動をすることによって促進される身体活動
 3.DIT=食事誘導性体熱産生…食事によって熱を発散する身体活動

この3種類が、1日の総消費エネルギーに占める割合は、

 1.基礎代謝……60〜70%
 2.活動時代謝…20〜30%
 3.DIT=食事誘導性体熱産生…10%

ということで、基礎代謝が圧倒的に多い。
ダイエット本でよく「基礎代謝を上げよう」と書かれているけど、それは総消費エネルギーに占める割合が高いからみたい。
基礎代謝が高いカラダっていうのは、言ってみれば、「燃費の悪い車」みたいなもので、燃料をたくさん必要とするということ。

とにかく、代謝というものがなんとなくわかったところで、各代謝をアップさせるには具体的にどうしていったらいいのか、これから調べてみようと思う。

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

<< 七日間脂肪燃焼ダイエットとは | 体脂肪ダイエット体験記 | キトサンダイエットとは >>
Comment








Spacial Link

RSSリーダーへ登録

Index

Comment

Category

Link

Sponsored Links

Mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。