スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

大豆でダイエット?「満腹たんぱく」

JUGEMテーマ:ダイエット法

アサヒビールは、大豆から取り出した「腹持ち」のいいたんぱく質を「満腹たんぱく」と名付け、ダイエット食品の材料に採り入れることを決めたそうです(asahi.com)。

ラットを使った実験で、他の食品用たんぱく質に比べて食事の量を減らす効果が高かったとのだとか。また、15人の女性で調べたところ、ヒトでも満腹感が続く傾向が見られたそう。
大豆といえば、「おからダイエットクッキー」はもうダイエット食品の定番的存在ですよね。
「腹持ち」のいいたんぱく質が含まれていて、食物繊維もたっぷり、さらに大豆イソフラボンと、女性にはうれしい栄養素が盛り沢山ってこと。
実はこの数ヶ月、すっかり大豆にはまっていて、ほぼ毎日、1食から2食は大豆を食べてます。ダイエット効果というのは意識していなかったんだけど。
納豆や豆腐、高野豆腐、油揚げ、湯葉などのほか、乾燥大豆もよく食べます。

乾燥大豆は一晩水につけておき、水気をきった後、野菜スープに入れて一緒に煮込んだり、お米と一緒に炊いて大豆ご飯にしています。
ポイントは、水で戻した状態の大豆をそのまま調理に使ってしまうこと。
水煮にしてから調理するのが一般的ですが、面倒くさがりの私にはこの方法がラクチンでいいみたい。逆に、水煮にした大豆を使うと、皮がむけたり、柔らかくなりすぎるのであまり好きではないという理由もあります。
なお、大豆の水煮は缶詰などが売られていますが、自分で乾燥大豆を戻して使ったほうが、香りや味が格段にいいと思います。ただ水に浸けておくだけだから簡単でしょ?

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

<< 食事内容を記録し続けて、約一年 | 体脂肪ダイエット体験記 | 太る習慣を見つけよう! >>

Spacial Link

RSSリーダーへ登録

Index

Comment

Category

Link

Sponsored Links

Mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。