スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

食べたものが体脂肪になるメカニズム

肥満とはどういうものかや肥満の恐さはわかってきたけど、そもそもどうして肥満になるんだろう?

カラダは食べたものから出来ているわけだけど、食べ物の中でも「脂肪」と「炭水化物(糖質)」の2種類が主に体脂肪になるらしい。
まず、脂肪が体脂肪になるメカニズムを簡単にしめすと、
  脂肪 → <血中>中性脂肪 → 余ると → 体脂肪

炭水化物も似たようなもので、
  炭水化物 → <血中>ブドウ糖 → 余ると → 体脂肪

となるらしい。

まぁ、簡単な話、脂肪も炭水化物もエネルギーとして使われずに余ってしまうと脂肪細胞の中に取り込まれ、体脂肪になるということ。

だから肥満を解消するには、
 1.脂肪・炭水化物を取り込む量を減らす
 2.脂肪・炭水化物をエネルギーとして使い切ってしまう
という2種類の方法しかないわけで、1.は食事制限、2.は運動ということになるんだろうなあ。
世の中にはいろんなダイエット法があるけど、結局はこの2種類がダイエットの王道ってことよね?

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

<< 肥満はなぜ悪い? | 体脂肪ダイエット体験記 | 七日間脂肪燃焼ダイエットとは >>
Comment








Spacial Link

RSSリーダーへ登録

Index

Comment

Category

Link

Sponsored Links

Mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。