スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

肥満はなぜ悪い?

肥満(=体内に脂肪が過剰に蓄積した状態)は、なぜ悪いんだろう?
私が10年以上も「隠れ肥満」の事実を無視してきた背景には、「太っていないし、体重も重くないから大丈夫」という思いがあったから。
たぶん、皮下脂肪が増えてウェストなどのサイズが変わってきたのであれば危機感を持ったと思うけど。

ここで改めて、肥満はなぜ悪いのか、よく考えてみようと思う。
肥満が引き起こす病気がいろいろあるらしい。
昨日の体脂肪のまとめにそって、多すぎる脂肪がどんな病気の原因になるのか簡単にまとめてみると、


<脂肪が増えすぎるとどうなる?>

(1)血液の中
 (1-1)中性脂肪……動脈硬化を促進
 (1-2)コレステロール……動脈硬化を促進

(2)脂肪細胞の中
 (2-1)皮下脂肪……スタイルが悪くなる/腰痛やヒザの痛みがおこりやすくなる
 (2-2)内臓脂肪……動脈硬化を促進

(3)肝臓……脂肪肝→肝硬変→肝臓ガンをひきおこす


皮下脂肪は動脈硬化を促進するわけではないのであまり深刻ではないかもしれないけど、重さの害として腰痛やヒザの痛みがでやすくなるらしい。

肝臓に脂肪が増えすぎるのもマズイことになりそう。
【3つの「あ」】といわれる、「甘いもの・アルコール・脂もの」の摂りすぎが続き、さらに運動不足が重なると肝臓に脂がたまるらしい。
お酒が好きなのでこれは要注意かも。

血液中の脂肪(中性脂肪・コレステロール)と内臓脂肪が多いと動脈硬化の原因となり、さらに、糖尿病・高脂血症・高血圧の原因になるのでかなり深刻な問題のようだ。
脳卒中や心筋梗塞に発展する可能性があるという。
他にも肥満の人は、痛風、胆石、乳がん、不妊症、心臓病になりやすいらしい。

私の母は肥満、祖母も肥満。父も肥満。姉妹も肥満らしい。
母は高血圧+糖尿病で、毎日たっぷり薬を呑んでいる。父はコレステロール値が高いらしく、同じく毎日薬を呑んでいる。

私がいまの肥満の状態をそのまま放置してしまうと、近い将来、同じように高血圧や糖尿病になるのはたぶん間違いないと思う。

スタイルや体重なんて、とりあえずどうでもいい。
肥満(=体内に脂肪が過剰に蓄積した状態)を解消して、病気になる確率を下げておきたい。

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

<< 体脂肪とは? | 体脂肪ダイエット体験記 | 食べたものが体脂肪になるメカニズム >>
Comment








Spacial Link

RSSリーダーへ登録

Index

Comment

Category

Link

Sponsored Links

Mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。