スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

脂肪燃焼のための運動

体脂肪を燃やすため、脂肪燃焼スープダイエットを試してみて、思っていた以上の効果があったわけだけど(⇒ 脂肪燃焼スープの効果)、やっぱり脂肪燃焼のためには運動しなくちゃね。

脂肪燃焼のための運動方法は、だいたい次のように分類できるみたい。

1.筋トレで筋肉量を増やす(基礎代謝アップ&生活活動代謝アップ)
 1-1.大きな筋肉(アウターマッスル)を鍛える
 1-2.小さな筋肉(インナーマッスル)を鍛える

2.有酸素運動(直接、脂肪を燃やす)


一般的に、脂肪を燃やす運動というと、ウォーキングやジョギング、エアロビクスなど、「2.有酸素運動」を思い浮かべると思う。
だけど、ちゃんと脂肪を燃やすためには、「2.有酸素運動」の前に「1.筋トレ」で筋肉をちゃんと鍛えたほうがいいみたい。

私のように動くのが嫌いで、自主的に運動なんてしたことが無い人は、まず衰えた筋肉を鍛えるほうがいいらしい。
筋トレには、背中やお腹、太もも、お尻などの「大きな筋肉を鍛える」ものと、インナーマッスルとも呼ばれる「小さな筋肉を鍛える」ものの2種類があるみたい。
バランスボールを使ったエクササイズは、「小さな筋肉を鍛える」タイプ(⇒ バランスボールダイエット
まぁ、大きな筋肉も小さな筋肉も両方鍛えたほうがいいんだろうけど、まず最初に挑戦するのであれば、大きな筋肉(アウターマッスル)のほうが良さそう。
そのほうが基礎代謝を効率的にアップさせることができるから。
基礎代謝がアップすると、寝てても脂肪がどんどん燃えるという理想的な体になれるらしい。


有酸素運動というのは、よく20分以上続けなくちゃいけないと言われるけど、わずかながら、運動し始めてすぐに脂肪は燃え始めるらしい。
ただ、燃やす脂肪には順番があって、最初は血液中のブドウ糖と中性脂肪が燃やされて、20分以上続けると、内臓脂肪が燃え始めるらしい。
ちなみに、皮下脂肪はなかなか燃やされない。
  ⇒ もっと詳しくは、体脂肪とは? を見てね。

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 ブックマークに追加する

<< 食事制限(2)=加工食品を減らす | 体脂肪ダイエット体験記 | 体脂肪率が4.8%も減ったよ! >>
Comment








Spacial Link

RSSリーダーへ登録

Index

Comment

Category

Link

Sponsored Links

Mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。